Xfce

Subdomains
 

Xfce 4.4.0のツアー

今日、長い間待ちわびられていたXfceデスクトップ環境4.4.0がやっと利用できるようになりました。最後の安定版のあとに追加された新しい機能を説明したいと思います。

デスクトップアイコン

4.0と4.2の時に一番よく追加して欲しい機能として聞かれたものの一つとしてはデスクトップ上のアイコンをサポートして欲しいということでした。Xfce 4.4.0ではこの機能がようやくXfdesktop(デスクトップマネージャー)に追加されました。

desktop-icons

デスクトップアイコン

デスクトップマネージャーはThunarのライブラリをアプリケーションランチャーとデスクトップ上でのファイル/フォルダーを扱うために利用しています。このデスクトップマネージャーはデスクトップの最小化されたウィンドウのアイコンを表示できるようにするものです。(この機能はCDEの世界では一番有名な機能です。)勿論、何もないデスクトップの方が良いと思うのであれば、デスクトップアイコンを完全に無効にすることもできます。

desktop-settings

デスクトップの設定

また、Xfdesktopは引き続き以前からのXfceと同じようにアプリケーションメニューへのアクセスを提供します。

ファイルマネージャー

デスクトップアイコンサポートは新しいファイルマネージャーであるThunarとの連携により提供されます。ThunarはこれまでのファイルマネージャーであったXffmを置き換えるものです。

thunar

Thunar ファイルマネージャー

ThunarはXfce用の使い勝手が良い一方で軽量なファイルマネージャーを提供するために最初の一歩から書き直されたものです。インターフェイスはすでにGTK+ 2.4のファイル選択UIや、Nautiluspcmanfmのようなすでにこの考えを採用しているファイルマネージャーに似ています。

Thunar はユーザーが期待すると思われるすべてのファイル管理機能といくつかの先進的なものをサポートします。たとえば、いわゆるバルクリネームはユーザーが任意の基準を使ってを使って複数のファイルを一度にリネームすることができるものを含んでいます。

thunar-bulk-rename

Thunar バルクリネーム

取り外し可能なドライブとメディア

Xfce 4.4.0では取り外しができるドライブとメディアにあるデータに簡単にアクセスできます。メディアをドライブに入れるか新しいドライブをコンピューターに接続すると、取り外しができるドライブ/メディアのアイコンがデスクトップ上とThunarのウィンドウ枠に表示されます。

removable-volumes

取り外し可能なドライブ

Click on the icon to automatically mount the volume. Right-click the icon to unmount the drive or eject the media from the drive. Note however that this feature requires HAL and is therefore only available for Linux 2.6.x and FreeBSD 6.x and above at the time of this writing (there is limited removable media support for FreeBSD 4.x and 5.x which does not require HAL).

テキストエディター

新しいテキストエディターであるMousePadはこのリリースに含まれています。MousePadはすべての基本的なエディターの機能(それ以上でもそれ以下でもありません。)を提供しています。

mousepad

MousePad

WindowsのNotePadMousePadは同じようなものだと考えることができます。とても早く(たとえ古いシステム上でも通常一秒以下)起動できますしね。

ウィンドウマネージャー

Xfwm4は相変わらずウィンドウマネージャーの心臓部です。

xfwm4-argb32

Xfwm4 ARGB32

このリリースでは拡張された文字制御、透過ARGBウィンドウ、影、ウィンドウフレームの透過や更にその他の機能を特徴としています。

xfwm4-switcher

Xfwm4 スイッチャー

Xfwm4 は上のスクリーンショットにあるような新しいアプリケーション切り替え機能を含んでいます。これはアイコンとウィンドウタイトルを使って現在のワークスペースからすべてのウィンドウを表示します。

xfwm4-themes

Xfwm4 テーマ

ウィンドウの装飾テーマ用のイメージフォーマットが追加されました。これにはPNGGIFSVGが含まれています。

xfwm4-tweaks

Xfwm4 詳細設定

また、より進んだウィンドウコントロールが追加されました。これによりウィンドウの動作を完全に調整することができるようになりました。

パネル

Xfce4-panelは完全にXfce4のリリースのために書き直されました。複数パネルが out of the boxをサポートし、簡単に下のスクリーンショットに表示されているPanel Managerを使い設定できるようになりました。

panel-manager

パネルマネージャー

以前のバージョンまでの Xfce ではおのおののプラグインがパネルを巻き込んで落ちる可能性があったという大きな問題がありました。これはそれぞれのプラグインはパネルと同じプロセスで動いていましために起こっていたことです。その結果、この問題を解決するために、外部プラグインのサポートがパネルに追加されました。

panel-additem

アイテムの追加ダイアログ

パネルプラグインの開発者はプラグインをほかのプロセスで動かすべきか、パネルのプロセスの一部として動かすべきかプラグインの安定性に応じて決定することができます。

panel-iconbox

アイコン箱プラグイン

複数のパネルをサポートが追加されたため、Xftaskbar4Xfce4-iconboxユーティリティはもはや必要ありません。そのかわり、タスクバーとアイコンボックスはパネルプラグインとして使うことができます。

Most of the additional panel plugins, available via the Xfce Goodies Project, have been updated for the new panel, and several new plugins were added. For example, the brand new xfce4-xfapplet-plugin allows users to add GNOME panel applets to the Xfce panel.

時間管理

新しい時間管理アプリケーション OrageXfcalendar (Xfce 4.2.0 で追加されたもの) を置き換えました。Orage は効果的に時間を管理するためのいくつかの機能を備えています。

orage

Orage

Orageはとても軽くて簡単に利用できる一方、肥大したカレンダーアプリケーション、たとえばOutlookEvolutionにあるようなすべての重要な機能をサポートしています。Xfcalendarは過去にdbhのカスタムフォーマットを使って設定を保存していましたが、Orageicalを基礎にしています。その結果として、ほかのカレンダーアプリケーションと互換性があります。

ターミナルミュレーター

Terminalは4.2時代から使えましたが、コアの一部となるには十分に成熟していませんでした。今回の主要リリースにより、コアデスクトップに移動になりました。

terminal

ターミナル

ターミナルミュレーターに期待されると考えられる基本的な機能のほか、いくつかのすばらしい機能があります。たとえば、ウィンドウごとにタブがつけられたり、ツールバーをカスタマイズできたり、隠し機能によりほとんどすべてのアプリケーションの側面を調整できたりします。上のスクリーンショットでみることができるように、このリリースでは Xfwm4 にあるコンポジションマネージャーを使った透過機能がサポートされています。

印刷

Xfprint (Xfce 印刷管理アプリケーション) は今回のリリースでいくつかの小さな改善が行われました。最初に、a2ps コンバーターは、必ずしも必要ではなくなりました (ただし、使うことを推奨はされています)。CUPS 1.2 へのサポートが追加され、XfprintCUPS のバックエンドを使い、プリンターの状態を表示することができるようになりました。

xfprint

Xfce 印刷

Xfprint は、a2ps コンバーターを使い、いくつかの違った種類のテキストドキュメント用の基本的な印刷のサポートを提供するために MousePad と一緒になっています。

xfprint-dialog

Xfce 印刷ダイアログ

見ての通り、印刷ダイアログはXfce 4.2にあったものに比較的似ていますが、印刷サポートの内部の動作は、特にCUPSサポートにおいて、改善されました。さらに、印刷管理の機能性はライブラリに移りました。そのおかげで、ほかのアプリケーションもプリンターの設定にアクセスするAPIを利用することができます。

自動起動

Xfce 4.4.0 implements the new Autostart Specification - actually Xfce was the first desktop to implement said feature, but the others were faster to release. ;-)

autostart

Xfce 自動起動エディター

その仕様は二つに別れています。それらはxfce4-sessionに実装されているAutostart of Applications During Startup (セットアップの間のアプリケーションの自動起動)と、thunar-volmanに実装されているAutostart Of Appications After Mount(マウント後のアプリケーションの自動起動)です。今回のリリースでは上のスクリーンショットにあるxfce4-autostart-editorを含んでいます。これでユーザーは簡単にアプリケーションの追加と削除、またはアプリケーションの自動起動を無効にすることができます。

設定

今回のリリースでは必要な環境を作るためにデスクトップをカスタマイズする新しい選択肢が追加されています。新しい設定ダイアログはこれまでのセクションで見ることができます。

preferences-applications

お気に入りのアプリケーション

お気に入りのアプリケーションフレームワーク、Terminal のみで以前は使えたもの、は Xfce にも実装されました。結果、ユーザーはどのブラウザーを使うのかや、Xfce アプリケーションによって使われるべきターミナルミュレーターを指定したりするためにわざわざシェルプロファイルを編集する必要はありません。目標はできるだけ簡単にカテゴリに応じてアプリケーションを変更できるようにすることでした。(GNOME のユーザーは GNOME がこの考え方を採用していたことにすでに気づいていたかも知れません。とても簡単です。)

preferences-keyboard

キーボードショートカット

またXfce 4.2ではキーボードショートカットに問題がありました…。たくさんの人がたくさんのキーボードショートカットを割り当てたいと思っていたのにもかかわらずXfce 4.2は自由に設定できるキーボードショートカットの数が限られていました。Xfce4.4では、この制限は過去の話となり、アプリケーションショートカットはウィンドウマネージャーショートカットから分けられました。

フィードバック

この記事に関してのコメントを私のブログに書いてください。何かXfce 4.4.0に関しての質問がある場合やインストール中に問題が起こった場合は、ぜひxfceのメーリングリストを使ってください。

リンク

クレジット

Written by Benedikt Meurer, 21 Jan 2007